アライアンスの総意

思考と継続

古くて価値のあるもの、新しく価値のあるもの、常識に潜む不本質、新しく余剰なもの。大きな集団意識に流されず、自身の思考の結果に基づき、常に能動的なアクションを試みる。

継続と蓄積

現代社会の早い変化の狭間で、目先の利益に踊らさせることなく、専門性の追求と継続、それらの蓄積こそ存続しえる価値と認め、常にそれらの向上に努める。

小さくても強い企業集団

規模ではなく、何ができるかが問われる時代に、自社内完結に囚われず、厳選した小さくても強い企業とのアライアンス(提携)によって、本質的な価値の向上を目指します。